【カメラのバッテリー保管はどうする?】バッテリー保管の正しい方法とは

記事タイトル 保管方法
スポンサーリンク

こんにちは!卯月銀河(@gingacamera)です。

カメラやレンズの保管方法についてはよく聞いたり調べたりするけど、バッテリーについて考えてみたことはあるでしょうか。

バッテリーはカメラにおいて重要な部分ですが、あまり詳しく考えたことない人が割といるのではないかなと感じています。

自分もその一人でした。

今回はそんなバッテリーの保管方法について解説します。

バッテリーについて悩んでいる、そもそもバッテリーの保管方法なんてあるの?、とバッテリーについて少しでも疑問がある方にはおすすめの記事です。

ぜひバッテリーについて学んで良いカメラライフを送れる基盤を作りましょう。

結論、長期間使わないときはカメラからバッテリーを抜いて冷暗所で保管してみよう!

スポンサーリンク

バッテリーの保管の知識は必要?

カメラに使用されているバッテリーはリチウムイオンバッテリーです。

リチウムイオンバッテリーはただ放置しているだけでは劣化を早めてしまい、寿命が縮まる可能性があります。

使おうと思ったときにバッテリーが長持ちしなかったり、壊れてしてしまっていたりすると撮影にも影響してしまいます。

残したい一瞬を撮り逃してしまうかもしれません。

しかもバッテリーもただで手に入る物ではなく、それなりの値段がしてきます。

純正のバッテリーを購入しようとするとメーカーにもよりますが、ミラーレスや一眼レフのものだと5000円近くしてしまいます。

物によっては10000円を超えるものもあります。

デジカメでも安い機種で2000円以上したりとなかなかのお値段です。

その資金があれば新たにバッテリーを買い直すではなく、予備バッテリーとして購入することもできるし、他の機材に使う資金に回すことだって可能です。

バッテリーの保管知識を身につけるだけでカメラライフが大きく左右されるかもせれません。

ではここからは実際にどう保管したらいいかを解説していきます。

バッテリーの正しい保管方法とは

バッテリーにもしっかりと劣化を軽減する正しい保管方法があります。

特に気をつける点は以下の3つです。

順番に解説していきます。

使用しないときはカメラ本体からバッテリーを抜いて保管する

バッテリーをしばらく使用しないときはカメラ本体から抜いておくことをおすすめします。

なぜかというと、カメラにバッテリーを入れておくと少しずつですが電気が発生します。

それが長期間に渡ると過放電という状態になってしまいます。

過放電を続けるとバッテリーのダメージになってしまい劣化につながってしまいます。

更にバッテリーをカメラから抜いたあとは、保護カバーを使用するのが効果的です。

保護カバーを付ける理由は接点部の保護です。

接点部に金属が触れたり電気が走ったりするとショートする恐れがあるため、保護カバーが必要ということです。

もしカメラとバッテリーを一緒に保管するのであればカメラの保管方法の記事もあるのでそちらをご覧ください。

一緒に保管することで気温管理や湿度管理も一緒にできるし、バッテリー紛失のおそれも軽減できると思います。

保管の際には30~50%のバッテリー容量を保つのが良い

満充電で保管しておくほうが次使うときにすぐ使えるからいいんじゃないの?

満タンにしておくとたしかに次に使用する際に充電が残っていてすぐに使えるかもしれません。

ですがこれはバッテリーの劣化に繋がる行為なのです。

バッテリーは満充電で保管しておくとバッテリー内部で高電圧の状態が維持されてしまい、その影響で劣化が進んでしまいます。

じゃあ0%にしておけばいいかな?

実は完全放電もバッテリーには良くなくて、0%の状態が長期間続くと、充電を抑える制御回路が稼働して充電する機能が低下してしまう可能性があるのです。

充電機能がそのまま低下し続けるとそのうち充電ができなくなってしまうおそれがあります。

なので容量がすぐにはなくならなくて、満充電でもない30%~50%まで充電してから保管することがおすすめなのです。

35度以下の冷暗所で保管するのが良い

バッテリーは極端に暑かったり、寒かったりすると劣化の原因となってしまいます。

特に夏場はエアコンが入っていなければ35度を超えることなんて当たり前の世の中になってきています。

バッテリーも精密機器の部類に入るので、極端な環境に置かれてしまうと劣化につながったり、最悪発火に繋がる恐れもあります。

なので温度変化が少ない冷暗所での保管がベストです。

もしカメラといっしょに保管するのであればカメラやレンズの保管方法についても記事にしているので合わせてご覧ください。

まとめ:正しいバッテリー保管を身に着けて長持ちさせよう

今回は正しいバッテリーの保管方法について解説してきました。

バッテリーの保管に関してはどれも簡単にできるものばかりです。

ですが、効果はかなり抜群です。

バッテリーも安い買い物ではありません。

いざ使おうとしたときに故障していて使えなかったり、劣化しすぎてバッテリー持ちが悪くて撮りたい写真が撮れなかったりすると、自分が一番落ち込んでしまうと思います。

そうならないためにもバッテリーの保管方法をぜひここで学んでください。

  • 使用しないときはカメラ本体からバッテリーを抜いて保管する
  • 保管の際には30~50%のバッテリー容量を保つのが良い
  • 35度以下の冷暗所で保管するのが良い

今回はこの3点をぜひ抑えておきましょう!

一眼レフカメラランキング にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

【初心者カメラ教室】ではカメラに関する知識を中心に記事にしています。
カメラのことで知りたいことがあればぜひ一度ご覧ください。

・ISO感度について知りたい方:【初心者カメラ教室】ISO感度の仕組みとノイズが出る理由とは

・シャッタースピードについて知りたい方【初心者カメラ教室】シャッタースピードは早くor遅くするとどうなる?

・F値について知りたい方:【初心者カメラ教室】F値ってなに?開放と絞るの関係とは

・JPEGとRAWについて知りたい方:【初心者カメラ教室】JPEGとRAWの違いと用途別の使い方を解説

・新しいファイル形式「HIEF」を知りたい方:【初心者カメラ教室】HIEFとは?特徴と開けないときの開き方も解説

・2023年に始まった「HEIF MAX」について知りたい方:【初心者カメラ教室】新しい保存形式HEIF MAXとは。メリット・デメリットも解説

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました