【カメラレンズレビュー】SIGMA 30mm F1.4 DC DN Contemporary

記事タイトル レンズ
スポンサーリンク

こんにちは!卯月銀河(@gingacamera)です。

冒頭いきなりの作例からお邪魔します。

a6400を購入するに当たり、3本のレンズを購入検討しました。

その中の一本がSIGMA 30mm F1.4 DC DN Contemporaryでした。

今回はSIGMA 30mm F1.4 DC DN Contemporaryがどんなレンズなのか、実際に使用したレビューや作例なども交えてご紹介していきます。

どんなレンズを買おうか迷われている方、小型レンズが欲しい方、ボケ感が欲しく明るいレンズを探している方には特にオススメです。

作例も入れていくのでぜひ参考にされてください。

結論、SIGMA 30mm F1.4 DC DN Contemporaryは個人的には買い!です。

スポンサーリンク

SIGMA Contemporaryとは

まずはSIGMAのContemporaryシリーズについてご紹介します。

SIGMAのレンズには「Art」「Contemporary」「Sports」と3つのラインが存在しています。

今回のレンズはその3つのラインの中の一つ「Contemporary」に属しています。

「Contemporary」は高性能、しかも小型・軽量。 真の「オールマイティ」レンズを謳っています。

今回a6400が小型のカメラということで、小型のカメラに合う小型のレンズはないのかと探していたところにこの「Contemporary」のシリーズが目に飛び込んできたのです。

小型かつ高性能、a6400の相棒にするにはもってこいのシリーズだというわけです。

3つのラインや「contemporary」については別の記事でも解説しています。

SIGMA 30mm F1.4 DC DN Contemporaryのスペック

まずはスペックを見ていきましょう。

品名SIGMA 30mm F1.4 DC DN
レンズタイプ単焦点(APS-C専用)
フォーカスAF/MF
レンズ構成7群9枚
絞り羽枚数9枚
焦点距離30mm
最短撮影距離30cm
最大撮影倍率1:7
開放F値F1.4
最小絞りF16
画角50.7度
フィルター経52mm
最大経×長さ64.8mm×73.3mm
重量265g
対応マウントSONY Eマウント
CANON EF-Mマウント
Lマウント
富士フイルム X マウント
Nikon Zマウント
マイクロフォーサーズマウント

特筆すべきはやはりこの高性能なスペックをしていながら小型軽量に収まっている点。

そして何と言っても開放F値がF1.4な点かと思います。

ではここからさらに詳しく深堀りしていきましょう。

SIGMA 30mm F1.4 DC DN Contemporaryの特徴

ここでは数多くある特徴の中から、個人的に特に推していける3つに絞って解説していきます。

順番に見ていきましょう。

大口径かつ開放F値が1.4と非常に明るい

まず特筆すべきは、開放F値1.4という非常に明るいAPS-C専用の単焦点レンズということです。

F1.4だと市販されているレンズの中でもかなり明るい部類のレンズに入ってきます。

開放F値の数字が小さければ小さいほどよくボケるので、ボケ感を楽しみたい人にもかなりオススメのレンズとなります。

さらに明るいということは単純に暗い場所にも強いということになるので暗い場所でも撮影を楽しみたいという方にもオススメとなります。

ここで一部作例を乗せておきます。

ボケ間の画像

開放F1.4で撮影していますが、非常によくボケていると思います。

F値が1.4の明るいレンズを探そうと思ってもそう数多くはありません。

そんな中の一本が有名なメーカーであるSIGMAから発売されているというのは購入者にとっても非常に安心感もあり嬉しいことです。

フレアやゴーストに強いレンズ設計

フレアやゴーストに強い設計だということもオススメポイントにあげられます。

フレアやゴーストって何?

フレアやゴーストとは、強い光にレンズを向けた時に光が白っぽく覆いかぶさったようになるのがフレア。レンズ面などで光が不要に反射して生まれるゴーストというものになります。

とても簡単に解説をすると、余計なものが写真に映り込むのがフレアやゴーストと認識しても大丈夫です。

ゴーストは特にわかりやすいのが、写真を撮っていてたまに緑色の光が写真に映り込んでいることがありませんか?
あれがつまりのところ、ゴーストです。

SIGMA 30mm F1.4 DC DN Contemporaryはそんな本来映らないでほしいフレアやゴーストに強い設計となっているので安心して写真撮影を行うことができます。

小型軽量のボディかつ高性能

小型軽量のボディかつ高性能というのは紛れもなくこのレンズを語るうえで欠かせません。

まずはスペック表にも記載したサイズを改めて確認しましょう。

最大経 64.8mm
長さ 73.3 mm
重量  265g

APS-C専用のレンズということもあり、かなりコンパクトに仕上がっています。

a6400という小型のカメラに装着するレンズとしてはこのサイズ感はかなりベストと言えると思います。

更にこのサイズ感で高性能というところも見逃してはいけません。

レンズの枚数や絞り羽の枚数も申し分ない枚数搭載されています。

今回はa6400との組み合わせでしたが、個人的にはどの一眼レフで使用するのもオススメだと感じました。

レンズが小型な分、どんな一眼レフに装着しても基本的な重量がとても軽くなるので、取り回しが良くなると感じました。

さらに小型レンズな分物量も減らすことができるので、コンパクトに出かけたいときにも大活躍できると思います。

マウントもスペック表で書いた通り、かなり多くのメーカーに対応しているので、ご自身の持っているメーカーのカメラやこれから購入検討するカメラが対応しているかチェックしてみてください。

お手頃価格で購入可能

価格がお手軽な点も個人的には購入するにあたって見逃せません。

SIGMAのオンラインショップでの価格は40,150円です。

この記事執筆時点ですが、楽天では35,252円で購入することが可能です。

この焦点距離、F値のレンズを考えるとかなりコストパフォーマンスの高いレンズとなります。

お金も無限に湧いてくるものではないので、低価格に抑えられている点もユーザーとしては買いやすいですね。

実際の使用レビュー&作例紹介:卯月銀河視点

自分が感じた使用評価は非常に取り回しのいいレンズだった、です。

もともとa6400の相棒レンズとして考えていたこともあり小型というのは最大の魅力でした。

実際に装着してみると本当に小さく、持っていたボディバッグにも入ってしまうようなサイズとなり取り回しは非常に良かったです。

画質やオートフォーカスも申し分なく、使用するうえで困りごとは全くありませんでした。

風景写真

風景の撮影ですが、こちらも申し分なく綺麗に撮影することができています。

ボケ感のある桜
ボケ感のあるふきのとう

F1.4のボケ感も非常に強く、APS-Cのボケ感と感と考えると非常に優れていると思います。

サッと出してサッと使える高性能レンズ、この表現が一番似合うかもしれません。
それほど小型のレンズというわけです。

まとめ:SIGMA 30mm F1.4 DC DN Contemporaryは買い!

今回はSIGMA 30mm F1.4 DC DN Contemporaryがどんなレンズなのか、実際に使用したレビューや作例なども交えながらご紹介しました。

今回はa6400の相棒ということで購入しましたが、もともと小型軽量なレンズなため、カメラ全体を小型化したいや、もう少し軽い装備にしたいなどの要望にも答えられる一品となっています。

しかも小型軽量にしたからと言って性能が落ちることもないので、万人に向けた高性能、しかも小型・軽量。 真の「オールマイティ」レンズとなると思います。

どんなレンズを買おうか迷われている方、小型のレンズが欲しい方、ボケ感が欲しく明るいレンズを探している方には特にオススメですので是非検討されてください。

一眼レフカメラランキング にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

【初心者カメラ教室】ではカメラに関する知識を中心に記事にしています。
カメラのことで知りたいことがあればぜひ一度ご覧ください。

・ISO感度について知りたい方:【初心者カメラ教室】ISO感度の仕組みとノイズが出る理由とは

・シャッタースピードについて知りたい方【初心者カメラ教室】シャッタースピードは早くor遅くするとどうなる?

・F値について知りたい方:【初心者カメラ教室】F値ってなに?開放と絞るの関係とは

・JPEGとRAWについて知りたい方:【初心者カメラ教室】JPEGとRAWの違いと用途別の使い方を解説

・新しいファイル形式「HIEF」を知りたい方:【初心者カメラ教室】HIEFとは?特徴と開けないときの開き方も解説

・2023年に始まった「HEIF MAX」について知りたい方:【初心者カメラ教室】新しい保存形式HEIF MAXとは。メリット・デメリットも解説

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました