【初心者カメラ教室】新しい保存形式HEIF MAXとは。メリット・デメリットも解説

記事タイトル 初心者カメラ教室
スポンサーリンク

【初心者カメラ教室開講!】

こんにちは!卯月銀河(@gingacamera)です。

割と一般的になりつつある「HEIF」、よりももっと新しい「HEIF MAX」が登場しているのはご存知でしょうか。

まだ使用されている環境も少なく認知もあまりされていないと思います。

ですが「HEIF MAX」は間違いなく良い保存形式なのでこの機会にぜひ新しい保存形式である「HEIF MAX」を覚えていってください。

結論、「HEIF MAX」は徹底的に圧縮された最高の保存形式です。

スポンサーリンク

HEIF MAXとは

まずはHEIF MAXとは何なのかについて解説します。

読み方は「HEIF MAX(ヒーフマックス)」です。

HEIF MAXは2023年9月に配信が開始されたiOS17の新機能として登場した新しい保存形式になります。

これまで、iOS 14.3以降を搭載したiPhone12Pro、12ProMax以降の端末に置いてより写真を高画質で保存する方法として「ProRAW(プロロウ)」というRAW形式の保存方法をiOSに最適化したような保存形式で画像を保存することがありました。

iPhone13Pro、13ProMAXまではメインカメラの画素数が12MPだったためそこまで大きなファイルサイズにならずに済んでいたのですが、iPhone14Pro、14ProMax以降ではカメラの画素数が48MPのと大きく進化し、ProRAWでの保存になるとかなり大きなファイルサイズを保存する形となってしまっていた。

撮る写真にもよるが、約75MBにもなるファイルサイズになってしまっていたため、初心者や容量が小さいiPhoneを購入した層からするとかなり扱いにくい存在になっていました。

じゃあJPEGやHEIFに圧縮すれば解決だね

それがそうはいかず、JPEGやHEIFの圧縮は12MPまでしか保存ができないという縛りがあったのです。

そこで登場したのが「HEIF MAX」です。

このHEIF MAXの登場により、ProRAWの高画質を維持し、ProRAWよりも圧倒的に少ない容量で保存できる形式が生まれたのです。

とても簡単に言えば、JPEGを更に圧縮したものがHEIF、ProRAWを徹底的に圧縮したのがHEIF MAXという感じで覚えていいと思います。

では次はそんなHEIF MAXのメリットとデメリットについて解説していきます。

HEIF MAXのメリット

HEIF MAXの圧縮効果は凄まじいものです。

その圧縮効果と比較するためまずは通常のHEIFから解説します。

HEIFはJPEGの約2倍の圧縮効果といわれています。

つまりJPEGの容量が4MBであれば、HEIFで保存すると約2MBでファイルを保存することが可能なのです。

JPEGの2倍の圧縮効果があるのですが、メタデータが失われるわけでもなく、画質の劣化があるわけではないので、単純に容量が減った保存形式、それがHEIFというわけです。

一方で今回の主役であるHEIF MAXですが、ProRAWに対して15倍近くの圧縮効果があります。

具体的な数字を出すと、ProRAWはおおよそ75MBでの保存に対し、HEIF MAXは約5MBでの保存が可能なのです。

しかもそれはHEIFのときと同様、メタデータも失われることなく、画質も48MPのものを維持しています。

さらにカメラアプリ内で編集まで可能なので、至れり尽くせりな保存方式となっています。

ですがやはり最大のメリットは48MPの画質とメタデータはそのままに、ProRAWの約15倍の圧縮効果で保存できるところだと思います。

HEIF MAXのデメリット

もちろんデメリットも存在しています。

それは対応機種の少なさです。

圧縮効果が凄まじいことはメリットで説明しましたが、それはすべての端末で適応できるわけではありません。

まずはProRAWの代わりの保存方法ということだけあって、Appleの端末でなければ使用はできません。

更にApple端末の中でもiOS17にアップデートができて、なおかつカメラ性能が48MPモードでの撮影が可能な端末に限られるのです。

つまり、iPhone14Pro、14ProMAX、iPhone15、15Plus、15Pro、15ProMAXの6機種でしか撮影することができないのです。

表示に関しては、拡張子がHEIFの形式で保存されるため、iOS11以降のiPhoneであったり、MacであればOSのバージョンが「High Sierra」以降で表示することは可能です。

表示ができる端末やアプリが限らているのもデメリットではあるのですが、それを上回るレベルで、撮影できる端末が6台しかないというのが最大のデメリットとなります。

HEIF MAXの使い方

iOS17の新しいカメラアプリには「HEIF Max/RAW」というボタンが存在しています。

このボタンを押すことにより、素早くHEIF MaxとProRAWを切り替えることができます。

ボタンの位置はカメラアプリの右上の方にあるのでiPhone14Pro、14ProMAX、iPhone15、15Plus、15Pro、15ProMAXの6機種のどれかをお持ちの方はチェックしてみてください。

まとめ:HEIF MAXの圧縮効果はすごいがまだまだこれからの保存形式

今回は新しい保存形式である「HEIF MAX」について特徴やメリット・デメリットなどを解説してきました。

新しいものというのは往々にして最初は使用しにくかったり、対応できる端末が少なかったりとデメリットが目につきます。

新しく始まったものなので当然ですね。

ですがHEIF MAXは間違いなく素晴らしい保存形式です。

普及に関しては今後の展開を見ていかないとなんとも言えないですが、HEIF MAXが普及すると間違いなく保存に関することが色々と変わってきそうだなと個人的には思います。

そして現時点でHEIF MAXを使用できる人は使用してみると、世界が変わるかもしません。

HEIF MAXはProRAWを徹底的に圧縮した保存形式、でも画質はそのままでメタデータも残ってる。

今回はこれを是非覚えておきましょう。

では次回の初心者カメラ教室でお会いしましょう。

一眼レフカメラランキング にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

【初心者カメラ教室】ではカメラに関する知識を中心に記事にしています。
カメラのことで知りたいことがあればぜひ一度ご覧ください。

・ISO感度について知りたい方:【初心者カメラ教室】ISO感度の仕組みとノイズが出る理由とは

・シャッタースピードについて知りたい方【初心者カメラ教室】シャッタースピードは早くor遅くするとどうなる?

・F値について知りたい方:【初心者カメラ教室】F値ってなに?開放と絞るの関係とは

・JPEGとRAWについて知りたい方:【初心者カメラ教室】JPEGとRAWの違いと用途別の使い方を解説

・新しいファイル形式「HIEF」を知りたい方:【初心者カメラ教室】HIEFとは?特徴と開けないときの開き方も解説

・2023年に始まった「HEIF MAX」について知りたい方:【初心者カメラ教室】新しい保存形式HEIF MAXとは。メリット・デメリットも解説

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました